FC2ブログ

219.すべての旅の終わりに

2021/02/15 15:18:37 | DDON | コメント:0件

はにほー!☆!
1年振りくらいでしょうか、ご無沙汰しております。元覚者Kiyoです。恐らくこれが最後の投稿になるかなと思います。私事ではありますが少しお話ししておこうと思い、綴っています。DDONの想い出については、このブログでもたくさん投稿させて頂きましたし、様々な理由からネガティブな発言はしまいと今まで努めていましたが、今日は本音含めてお話ししようと思います。

長年使用していたDDONのTwitterアカウントですが、サ終からほぼ使用することがなくなりました。たまにぼやきに来ると声を掛けて下さるフォロワーさんもいらっしゃいましたし、たくさんの方と出会い、交流し、想い出の詰まったアカウントではありましたが、先日こちらのアカウントを削除いたしました。大きな理由としましては、冒頭に書いた通り「ほぼ使用することがなくなった」からです。
それでも、続編を心待ちにしていましたし、想い出がたくさんのアカウントでしたので、このまま残しておこうという気持ちも勿論強かったです。
ですがサ終後、フォロワーさんやフレさんが各々別のゲームを始める中で、私はそれでもDDONで繋がりがあった方は大切に思っておりましたが、とても仲が良く、お世話になった方にPSNフレを削除されてしまい、残念ながら「もういいかな」という気持ちに傾いてしまいました。勿論、色々思うことがあってのフレ削除だったとは思いますが、このアカウントをどうしようかと悩んでいた矢先のことでしたので、このような決断を致しました。
Twitterは現在FF14のアカウントを主に使用しており、何人かの方はこちらをフォローして下さっております。感謝しかありません。今まで交流して下さった皆さん、大変ありがとうございました。

DDONは私にとって初めてのオンラインゲームで、本当にたくさんのことを学ばせて頂きましたし、多くの想い出や楽しい時間を過ごすことが出来ました。圧倒的にこういった時間の方が多かったですが、私の性格上、疲れることも多々ありました。クラマスに向いてないなと何度も思いましたし、今だから言いますがクランを解体することを考えたこともあります。何せ気にし過ぎる性格でしたし、人と人との集まりなので仕方がない部分も多かったとは思いますが、割り切るのに時間がかかったり、クラマスであるという謎の重圧に苦しんだり(そんな必要は一切なかったのですが)、上手く立ち回れないことも多かったと思います。それも今となってはいい想い出ではあるのですが、オンライン続編が出てももしかしたらもうクラマスはやらないかもしれません。

現在はFF14の方で少人数、基本的に自由に、マスターを定めないFCで伸び伸び過ごしています。
サ終発表前に、DDONで特にやることもなかったので暇潰し(新たなアプデを待つ意味で)としてFF14を始めました。当時はフレやクラメン、そしてフォロワーにも始めたことは伏せていました。私がDDONをやっていた頃、何度かFF14に移住する流れを見かけたことがあり、その際にDDONを下げる発言、FF14へと勧誘する行為を何回か見かけ(DDONはクソだから皆FF14やろう、というような発言)、正直FF14に良い印象を持っていませんでした。ゲームに罪はありませんし、好きなゲームをやればいいとは思っていますが、楽しんでいる人の前で批判し勧誘する行為にあまりいい気持にならず、それが理由で交流を断った方もいます。そういった理由と、誰もがサ終を感じている中でクラマスという立場なのに別ゲーに移住すると思われるのが嫌で、FF14を始めたことを言えませんでした。
そうしてこっそりと今のFF14のアカウントを作成したわけなのです。
サ終発表後、FF14をやっていることを察した方もいますでしょうし、私自身も「やってるよ~」っていつ言ったか覚えてはいないんですが、そういった中で良い思いをしなかった方も少なからずいたかもしれませんが、幸いにもとてもいい環境でFF14を遊ばせて頂けているので今後も私はこちらの方で楽しんでいこうと思っています。

覚者としてこのブログを更新するのはこれが最後になるかと思いますが、ドラゴンズドグマという作品は私は今でも大好きですし、リークという形ではありましたが続編も製作中という噂もあるのでどこかしらでこの名前を見かけることがあると思いますが、その際にはまた気軽にお声かけ下さればと思います。オンラインはやるかどうかは今のところ分かりませんが…。

このご時世ですので、皆さん体調には十分にお気を付けて、元気にお過ごしくださいね。また会えることを夢見て。


2021.02.15. Kiyo Pico
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する